トヨタ純正ナビ 走行中TV視聴&操作を可能にする方法!

Pocket

方法としてはナビ裏の5ピンコネクタと呼ばれるコネクタに一本配線を増設して、それをアースに落とすだけです。

この5ピンコネクタとは車の速度や、パーキング状態、リバース状態の情報をナビに送信している配線です。なので基本3本の配線がきていると思います。(車種によっては4本線の場合があります)

そして5ピンコネクタの使われていない端子の部分に配線を増設するのですがそれが「テスト端子」と呼ばれている端子になります。その端子をアースに落としてやるだけで走行中にTVが見れるようになるんです。スイッチ操作なども一切不要です。

ちなみに5Pコネクターは上の画像のようなコネクタです。

~手順~

  • ナビ回りのパネルを外しナビを取り出します。パネルの外し方はアルパインなどのサイトで車種ごとの要領書が確認できますので参考にしてください。
  • ナビの裏から5ピンコネクタを探し、コネクタをいったん抜きます。

  • 5ピンコネクタの使われていない端子「4番端子」に増設用の配線を接続し、コネクタをもとに戻します。上のコネクターの画像でも黄色と紫の配線の間が空いているのがわかると思います。
  • この4番端子がテスト端子といわれるものになります。

 

  • 増設した片方の配線をナビの側面のねじなどと共締めしてアースに落とします。

アース

  • ナビを戻しパネルをもとにもどしていけば完成です。

エンジンを始動しギヤをドライブに入れたときTV画面が切り替わらずにそのまま映っていることを確認してください。

増設する配線は自分で簡単に自作可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です