L700V ダイハツ ミラ タイミングベルト、ウォーターポンプ、カムシール、クランクシール等交換

Pocket

今日はミラのタイミングベルト交換

今回交換するのは


・テンショナー(アイドラ)



・各ドライブベルト

とりあえずベルトから外してみる

エアコン用Vベルト、ベーン・ポンプ用Vリブド・ベルト、オルタネータ用Vリブド・ベルト

ウォータ・ポンプ・プーリを取り外す。

見た目はそんな悪くなさそうだけど
せっかくなんで交換

タイミングベルトカバーを外して

次はタイミングベルトの位置合わせ

ランクシャフト・プーリ取り付け用ボルトを仮り付けし,エンジンを正(右)回転方向に回して,カムシャフト・タイミング・ベルト・プーリのポンチ・マークとシリンダ・ヘッド・カバーのマークを合わせる。

この時,クランクシャフト・タイミング・ベルト・プーリのポンチ・マークとオイル・ポンプの合わせマークが一致してることを確認する。

カムもクランクも位置が合ってるんで

タイミングベルトを外す

テンショナーも交換

次はカムプーリーの取り外し

カムシールの交換

古いのと新しいの

カムシールの交換したらウォーターポンプ

ウォーターポンプを外して交換

新しいのと古いの

次はクランクシール見にくいし触り辛い(;’∀’)

何とかシールを抜いて

シールを打ち込む

古いのと新しいの

で、タイミングベルトの取り付け

カムシャフト・タイミング・ベルト・プーリのポンチ・マークとシリンダ・ヘッド・カバーのマークが一致していることを確認する。

この時,クランクシャフト・タイミング・ベルト・プーリのポンチ・マークとオイル・ポンプの合わせマークが一致していることを確認する。

タイミング・ベルト背面の合わせマークをカムシャフト・タイミング・ベルト・プーリのポンチ・マークに合わせる。

及びクランクシャフト・タイミング・ベルト・プーリのポンチ・マークとそれぞれ合わせて取り付ける

次はタイミングベルトの張りの調整

タイミング・ベルト・テンショナを取り付け,タイミング・ベルトの張りを調整後,テンショナの取り付けボルトを規定トルクで締め付ける。

・ポンプについている樹脂キャップを外す。

②タイミング・ベルト・テンショナを仮り付けする。

③樹脂キャップを外した穴にM6ボルト(ピッチ6mm,長さ20~30mm)を指でいっぱいまでねじ込む。

ボルト先端とテンショナの間にシクネス・ゲージ等を挿入し,テンショナのローラー部に傷がつかないようにする。

・ポンプ・ボデー内側とテンショナ間の隙間を測定する。

基準値 13~14mm(-SE)

クランクシャフト・プーリ取り付けボルトを仮り付けし,正回転方向に2回転させ,第一気筒圧縮上死点にする。

-SEは前述の隙間が基準値であることを確認し,タイミング・ベルト中央部を約5mm押した時の押しつけ荷重を確認する。基準値を外れた場合には再度調整する。

終わったら元通り組んで

LLC補充してエア抜きして出来上がり(^^♪

 

 

 

LINE@はじめました。
お得なクーポンやセールのお知らせ・豆知識などをお送りします。

質問、お問い合わせも受け付け中

是非、お友だち登録をお願いしますm(__)m

http://takeijp.xsrv.jp/sjpv

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://takeijp.xsrv.jp/sjpv

 

 

 

 

 

 

 

 

http://takeijp.xsrv.jp/r5s5

 

 

http://takeijp.xsrv.jp/zz0p

 

 

 

 

 

MAIL info@takeijp.com
URL  http://takeijp.com

 

お問い合わせはこちらからも受け付けています(^^♪

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。