人の購買する心理 AIDMA アイドマ


人の購買する心理


基盤となっている理論
AIDMA(アイドマ)という言葉

これは1920年代に販売広告で有名な
サミュエル・ローランド・ホールが提唱した
消費者心理のプロセスを法則化したもの
それは
1、Attention(注意) 

マスメディアでの広告、CM インターネットでのメルマガやブログ、ソーシャルネットワークを使い(注意)を集める
2、Interest  (関心)

その中で(関心)を持ってもらう為に相手の目線で(関心)を向けられるような内容や

買うにいたるための教育を促したりする
3、Desire  (欲求)

その後相手に欲しいとかこの状況を変えたいとかの快楽や痛みの連想を元に

感情の(欲求)を動かす。
4、Memory (記憶)

感情の欲求まで落とし込み特定のキーワードを(記憶)させる
5、Action  (行動)

ここまできて購入という(行動)にいたる


この5つのプロセスを行い
ようやく人は購入するというもの

人が商品を知って購入に至るまでの過程は

認知段階

から

感情段階

そして

行動段階

と移動していく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です