シルキークレンジングを使用した正しい顔の洗い方とは

Pocket


シルク配合のクレンジング(シルキークレンジング)少しの泡でも、汚れと古くなった角質を浮かして落とします。特許製法によって抽出された笹まゆセリシンによって、肌細胞の活性化が促されます。洗浄力抜群なのにすぐれた保湿力。顔だけでなく全身にお使いいただけます。EGFを超えると言われる笹まゆセリシン配合!洗浄力大幅にUP!肌に優しいのにほとんどのメイクも落とせます。
毛穴の開きや、黒ずみが気になる人は、正しい洗顔ケアで、毛穴汚れを取り除くようにしましょう。
洗顔ケアには、正しい手順やコツがあります。ぬるめの湯を用意して、洗顔用のネットと、顔を、十分に濡らしておきましょう。
体温より高い温度のお湯だと、皮脂を洗い落としすぎて、乾燥肌の原因となりますので注意しましょう。

泡立てネットを湿らしすぎると泡が緩くなってしまうので、湿らせた後は軽く振って水分を少し飛ばします。
手のひらいっぱいになるくらいに泡をつくり、Tゾーンから泡を乗せていき、指の腹を丸く動かして泡を塗り広げます。
泡を皮膚の上でくるくると回すだけで、脂栓も毛穴の中から溶け出してきます。
あまり強くこすろうとしなくても大丈夫です。指の腹が顔に触れないくらいの泡だけで皮膚を包んで栓化繊するようにします。
円を絵がくようにして洗うようにするといいでしょう。

洗顔をした時の泡が皮膚に残ると肌を傷めてしまいますので、ぬるま湯を使って顔全体の泡をきれいに洗い流します。
最低でも10回以上は、ぬるま湯に肌をあてる必要があります。
ここで気をつけなければならないのは、決してごしごしと洗い流すのではなく、水の勢い利用して丁寧にすすぐことです。

洗顔後、タオルで顔を拭くときも、顔をこすらないようにしましょう。
タオルの乾いた部分を皮膚にあてて、水分が吸収していくに任せます。
適切な洗顔方法を覚えることで、お肌に負担をかけずに汚れを取り除き、きれいな状態をキープしておけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です