ロードバイク、自転車、練習方法


平坦でのトレーニング

ペダリングにまだ慣れてないうちは、踏んで踏んで、っていうチカラが強く、力んでしまっている。

左右のペダルを踏みこむ間で、実は速度が若干落ちている。そしてまた踏みにいっている。

まさにインターバルを続けちゃってる状態になってしまう。

そういう走りですと、平坦でも上りでも同じように踏んで踏んで踏んで踏んでっていうインターバルが続いてしまっているので、できるだけ力が抜けてしまう時間が少なくなるように、脚をちゃんと回せるようにトレーニングを行なうといい。

それが身体に染み付いてくると、上り坂でも脚をしっかり回せて、インターバルをかけずに上り続けられるので、かなりラクになります。

走りながらのイメージとしては、『チェーンのテンションを一定に保つようにペダルを回す』とか。

できるだけ力が抜けてしまう時間が少なくなるように、脚をちゃんと回す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です