コーチング

Pocket

コーチングの手法として「GROW(グロウ)モデル」があります。このコーチングの手法は、

「GOAL(目標の明確化)」、

(ゴール)目標の明確化抽象的な大目標ではなく具体的な小目標

「REALITY(現実把握)」、

(リアリティ)現実把握本当の問題を把握

「RESOURCE(資源の発見)」、

(リソース)資源の発見目標達成のために使えるもの「人・モノ・金・情報・時間」

「OPTIONS(選択肢の創造)」、

(オプション)選択肢の創造多くの可能性からベストを選択

「WILL(目標達成の意思)」

(ウィル)目標達成の意思やる気の確認計画の明確化

という5つの要素から成るという考え方です。このGROW(グロウ)モデルは、コーチングを行なう場合に押さえておくべきポイントのチェックリストとして活用して頂くと良いでしょう。
ただし、必ずしもG→R→0→Wの順番に話を進めていかなければならないということではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です