妊娠した時のダイエットについて

Pocket

 

妊娠した時のダイエットについて

妊娠している時にダイエットをすることは、

体にはよくありません。

お腹に生命が宿り、

生まれるまでの準備をしている期間が、

妊娠という状態です。

女性の体内で芽生えた命は、

時間をかけて加速的に大きくなっていき、

やがて赤ちゃんとしてこの世に生まれてきます。

体の中で赤ちゃんを育てている時に

ダイエットをすることは、

赤ちゃんの発育にとって

悪影響になります。

ダイエットとは

もともとは健康のために

食事の質や量を制限することを言います。

しかし、今、日本で使われている

ダイエットという単語は、

食事制限だけでなく、

運動をして体重を減らすという意味もあります。

現代の知識では、

妊娠している時に体重が増えすぎると、

妊娠高血圧症候群のリスクが高まるので、

医師から指導されます。

出産が近くなってくると、

母胎はむくみやすくなって、

体重が多くなることがあります。

無理のかからない程度に

体重に注意をしてください。

ダイエットをすることと、

妊娠中に体重管理をすることは別なことですので、

痩せるために体に負担をかけすぎないように

心がけてください。

妊娠している時は、

体重の増加に気をつける必要がありますが、

出産後も授乳のために、

体が必要な栄養はきちんと食べるようにしましょう。

妊娠中は激しい運動はすべきでは無く、

経過にもよりますが、

歩くなどの軽い運動は問題ありません。

ダイエットをするなら、

赤ちゃんを産んで子育てをしている時に、

合間にするようにしましょう。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です