シボレー シボレー クルーズ 車検令和2年3月  LS E 

Pocket

シボレーブランドからスズキとGMの共同開発モデルがデビューした。

提携関係にあるスズキとGMが、完全な共同開発によりシボレーブランドの新型モデルを登場させた。クルーズと名付けられたこのクルマは、日本、オーストラリア、アジアを中心にシボレーブランドの浸透を図るとともに、GMにとって手薄なコンパクトクラスを強化するのが狙い。基本設計は小さなクルマ作りを得意とするスズキが担当。デザインと足回りのセッティングはオーストラリアのGM開発陣が手掛けている。

生産はスズキの湖西工場で行なわれるが、販売はスズキが1.3Lモデル、GMが1.5Lモデルと明確にすみ分けされた。けれども見た目の違いは、スズキバージョンのバックドアに青地のGMマークが装着されることと、GMバージョンの4WDのサイドウインカー上にAWDのエンブレムが付くだけだ。

実績のあるスズキのレイアウトをGMがチューニング。ひと味違う走行フィールが生まれた。

プラットフォームを始め、スイフトとの共通化が数多く図られているクルーズは、スタイルの異なる兄弟車のイメージが強かった。ところが走行フィーリングは、驚くことにまったく別物だったのだ。スイフトと同じVVT機構を採用する1.3LオールアルミDOHCエンジンは、想像するよりもスムーズな加速感を披露する。低速域のトルクも十分で、勾配のきつい上り坂でかったるさは伴わない。違和感のないシフトアップ/ダウンで、巧みに車速を伸ばしていくのだ。スイフトで気になったギクシャク感が解消されたのは、新開発の4速ATと組み合わされたおかげだろう。足回りのレイアウトも当然スイフトの流用。

けれどもGMのチューニングにより、ゆっくりとロールが生じる挙動ながら安定感が得られる走行フィールに仕上げられている。乗り心地もコンパクトクラスとして不満は持たない。もしスズキが手掛けていれば、もっとキビキビ感が味わえる代わりに硬さを伴った気がする。生粋のGM車は軽快感に欠けるきらいがある。クルーズの乗り味は共同開発ならではの走行フィールなのだ。

GMが主張するクラスを超えた座り心地と、スズキ自慢の使い勝手が組み合わされた。

クルーズの最大の魅力は、大きく座り心地のいいシートだ。座ってみればわかるけれども、シートの厚みが十分に確保されているおかげで、国産コンパクトカーに比べて格段にゆったりしている。ロングドライブでの疲れがかなり抑えられそうな印象だ。大人がちゃんと座れる、後席の膝元スペースも見逃せないところ。その分、後席の分割可倒機構は背もたれを倒すだけの簡単方式で、ラゲッジの床に段差が残る。それでも積載性より居住性を優先したのは、GMの強い意向。おそらくスズキが手掛けていたら、ここまで割り切れなかっただろう。

残念なのは、2トーンのシート地やステアリング上質感に対して、インパネデザインが安っぽく感じてしまうこと。今後の大きな課題といっていい。インパネ下の大きなアンダートレイ、ペットボトルも入る大型カップホルダー、助手席シートアンダートレイなどはスズキのお家芸にあたる便利な収納だ。

クルマ作りの既存の概念から解き放たれたとき、新しい発見がある。

国産メーカーと輸入車メーカーによるOEM供給や部品の共通化はそう珍しくはない。だけど、開発の立ち上げから細部のセッティングまで、すべてにおける共同開発はクルーズが初めてだろう。どちらかが主導権を握るのではなく、お互いの得意の分野を担当したクルマ作りである。その結果は、明らかに成功だった。共通部品を使用しながらスズキが単独で仕上げたスイフトは、欧州色と国内色が喧嘩しているかのような印象がある。GMだけでは、小さなクルマに必要不可欠なワザは味付けできなかっただろう。当然やりづらさもあったと思うが、クルーズは既存のクルマとはひと味違う魅力を備えられた。つまり、アメリカと日本と開発チームがいるオーストラリアの血がうまくミックスされたのだ。世界戦略車は、おそらく今後、共同開発が増えていくと思われる。面白味のあるクルマの誕生に期待がかかる。

【中古車】12.8万円 シボレー シボレー クルーズ 車検令和2年3月  LS E

TAKEI!(タケイ)

中古車なら【グーネット】

https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/14/700903093230191010001.html

 

TAKEI !

 

お客様とお店を繋ぐ
スマホアプリ
無料登録しませんか?

来店できないときも
中古車情報を検索でき
当店へ見積もり依頼や
来店予約ができます。

アプリ利用者様だけの
お得なキャンペーン情報が届きます。

愛車の悩みをスマホでいつでも
気軽に当店へ相談できます。

登録用紙をお持ちいただいても当然OKですが
こちらのLINE@に

 

http://takeijp.xsrv.jp/sjpv

 

お名前
ふりがな
携帯電話番号
メールアドレス

の4点お伝えいただければ
IDとパスワード発行できます。

ぜひご利用ください。

パンフレットはこちら
http://takeijp.xsrv.jp/r5s5
申込用紙はこちら
http://takeijp.xsrv.jp/zz0p

TAKEI!
武井商事自動車事業部
代表 武井宏太
406-0026
山梨県笛吹市石和町中川523-2
TEL 055-261-0770
FAX 055-261-0770
MAIL info@takeijp.com
URL  http://takeijp.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です