体重をある程度減少していくと必ず限界がある

Pocket

体重を減少させるには限界があるので、正しい対応をしないとダイエットに失敗してしまいます。
ダイエットをする人の多くは、目標体重を設定し、目標とする期日を明確にした上で、体重を減少させようとします。

目標を定め、ダイエットを続けるというやり方は、意欲を持ち続けるための適切な方法です。
あまりにも結果を求めすぎて、ダイエットをする時の目標設定が高くなっていると、失敗しやすくなるので注意が必要です。
目標が高すぎると、体重がなかなか落ちない時にストレスがたまったり、ダイエットをあきらめてしまう原因にもなりかねません。


目標の立て方が現実とそぐわないせいで、目標と現状のミスマッチに耐えきれなくならないように、現実的なプランを立てましょう。
体重がある程度まで減少してくると、何日間か体重が減らない時が訪れて、停滞するということがあります。

体重の減少が滞り始めると、ダイエットを続けたいという気持ちが低下してしまうため、停滞期中の心の持ち方は大事です。

基本的に、ダイエットとは体内に貯め込まれている脂肪を減らして痩せるものであり、体重減少には限度があります。
いくらダイエットと言っても、体を構成している最低限の筋肉、骨、水分の重さ以上、減量するのは不可能です。

人間の体質にも個人差があるので、それをしっかりと自分で見極め、無理のないように少しずつダイエットの目標を設定することが重要です。実現性の高いダイエットプランをつくるには、自身の太り具合や、なりたい体型や、健康への影響を考えて、身体への負荷が少ない方法を考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です