大東亜戦争 欧米列強の世界支配を阻止した国 全世界の有色人種の未来を担った国 日本

Pocket

当時世界は白人たちによる
白人至上主義、
有色人種差別が蔓延していた。

欧米諸国によるアジア侵略と
植民地化という時代が続き
有色人種(アジア諸国)は白人により
搾取され、奴隷として支配されていた。

この支配が未来永劫続くかもしれない
世界背景の中、世界最強と謳われた
「超大国」ロシアを破り「白人優位、白人不敗」
の神話を崩壊せしめ
有色人種国家で唯一「列強国」となった
アジアの小さな国があった。

その小さな国は
人種差別撤廃
人種平等を
世界に訴え続けた。

1919年、
国際連盟に人種差別撤廃条項を
盛り込むよう提出。
欧米列強によって
分割・植民地支配されていた
アジア・アフリカ地域の
民衆もその提案を支持した。

閣議では11対5と賛成多数となったが
呆気なく否決された。
議長のアメリカがこれを採用しなかった。
1933年、常任理事国だったその国は
国際連盟を脱退。
国内世論は拍手喝采で迎えた。

その国
日出ずる国

日本

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です