U62T 三菱 ミニキャブトラック セルモーター交換 ChatGPT

Pocket

U62Tという車種は、三菱の軽トラックであり、多くの農家や商人にとって必需品となっています。

ある日、農家の方がU62Tを使っていて、突然エンジンが始動しなくなってしまいました。

農家はすぐに車を修理する必要があり、U62Tのエンジンを点検すると、

セルモーターが故障していることがわかりました。

セルモーターは、エンジンを始動するために必要な部品であり、

この部品が故障するとエンジンを始動することができなくなります。

そこで、近くの自動車修理工場に車を持ち込み、セルモーターの交換を依頼しました。

セルモーターとは、車をエンジンをかけるために必要な部品の一つです。

車のエンジンをかけるには、バッテリーから電気が送られて、

セルモーターが回転してエンジンを始動させます。

作業中の安全のためにバッテリーの端子を外します。

 

エンジンの下部にあるセルモーターを探し、

ボルトやネジで固定されている箇所を見つけます。

これらのボルトやネジを外し、セルモーターを取り外します。

取り外したセルモーターと新しいセルモーターを比較し、確認します。

 

新しいセルモーターを取り付ける前に、取り付け箇所に汚れや錆を落とし、クリーニングします。

新しいセルモーターを取り付けます。取り付ける際には、ボルトやネジをしっかりと締め付けるようにします。

セルモーターを取り付けたら、バッテリーのマイナス端子を再度取り付けます。

エンジンを始動し、正しくセルモーターが機能しているか確認します。

1034E00_16-02セルモーターのサムネイル

整備書には、車のメーカーや車種によって異なる手順や注意事項が詳しく書かれています。交換を行う前に、整備書をよく確認し、作業を行うことをお勧めします。

 

LINE@はじめました。
お得なクーポンやセールのお知らせ・豆知識などをお送りします。

質問、お問い合わせも受け付け中

是非、お友だち登録をお願いしますm(__)m

http://takeijp.xsrv.jp/sjpv

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://takeijp.xsrv.jp/sjpv

 

 

 

 

 

 

 

 

http://takeijp.xsrv.jp/r5s5

 

 

http://takeijp.xsrv.jp/zz0p

 

 

 

 

 

MAIL info@takeijp.com
URL  http://takeijp.com

 

お問い合わせはこちらからも受け付けています(^^♪

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。